アイコンボックスとは、ELEMENTORでのキャッチコピーそのもの!

アイコンボックスとは、Elementorのウジェットの中の「アイコン」と「見出し」と「テキスト・エディタ」を1セットにしたウジェットのことを意味します。
下記の点線で囲われたアイコンボックス3つが、WordPressでよく使われる3PRと呼ばれるキャッチコピーの例です。

シンプル&高汎用

ライトニングはシンプルで カスタマイズしやすいWordPressテーマです。 抜群の拡張性でビジネスサイトにもブログにもオールラウンドに対応します。

豊富で強力な機能

同時開発されたプラグイン「VK All in One Expansion Unit (無料)」を使用する事により、様々な機能や豊富なウィジェットを利用する事ができます。

驚くほど簡単

Lightning にはビジネスサイトを簡単に作るための様々な工夫がしてあります。Lightning の使い易さを是非体験してください。

当方が提供できる3ツのサービスとは?

WordPressに特化

WordPressに特化した制作行を志向します。従って、WordPress以外の制作代行は、お受けできかねます。

Elementorを導入

そのページ編集には、全ページElementorを導入し、WordPressのハードルを下げる効果が期待できます。

個人レッスンの開催

個人レッスンはZOOMやGoogle Meet等を使ったオンライン・リモート会議形式のレッスンを開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大・最終目標となります。

Elementorを使わずWordPressのテキストエディタを使う時がある?

Elementorのウジェット(部品)にHTMLタグ挿入というウジェットがあります。
そのHTMLタグにオンラインショップの「買い物かご」を貼り付けた例で、不具合が発生しました。

即ち、Elementorで実装できない機能を、どのように回避したのかの事例報告です。

当方が提供できる3ツのサービスとは?

WordPressに特化

WordPressに特化した制作行を志向します。従って、WordPress以外の制作代行は、お受けできかねます。

Elementorを導入

そのページ編集には、全ページElementorを導入し、WordPressのハードルを下げる効果が期待できます。

個人レッスンの開催

個人レッスンはZOOMやGoogle Meet等を使ったオンライン・リモート会議形式のレッスンを開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大・最終目標となります。

新藤心流ランディングページは背景固定化画像(コテ画?)

下記の2サイトは、何れも藤心がお薦めしている脱イラスト画像のLPとして公開している見本サイトです。脱イラストとは、イラスト画像を満載した一般的なLPに対して、極力イラスト画像を使用しないで、ランディングページができない物かと思考錯誤を重ねた結果、藤心のLPはこれで決まりというスタイルで、公開して来た見本サイトです。

藤心WordPress塾

テーマ:Twenty Nineteen

藤心が目指すWordPressの世界

テーマ:Twenty Seventeen

左の「藤心WordPress塾」は、WordPressテーマとして「Twenty Nineteen」を使用し、狭いコンテンツ幅を伸縮セクションONにして広くして、2段の段組で画像とテキスト文言をブロック形式で表現しています。
また左右の段組が画面上に登場する際に、アニメーション効果で左右からフェードインする段組仕様が特徴となっています。

右の「藤心が目指すWordPressの世界」は、WordPressテーマとして「Twenty Seventeen」を使用し、「Twenty Seventeen」に代表される背景固定化画像による縦の動きを、再現した仕様が特徴と言えます。この背景固定化画像は一部のWordPressユーザーの間では、「コテ画」と呼ばれて汎用的に使われ始めています。

藤心の制作代行における4ツのキーワードとは?

WordPress

WordPressに特化した制作代行に拘っています

Elementor

そのページ編集にはElementorを使用します

個人Lesson

Elementorの操作方法を個人レッスンします

ZOOM

個人レッスンはZOOMを使ったオンラインレッスンです

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議の「Zoom」を使った個人レッスンを開催し、お客さまにWordPressスキルを取得して頂くことが、最大で且つ最終の目標となります。

今、何故、Elementor なのか?

2018年11月に、かねてより噂のあったWordPressの大幅なアップグレードが実施されました。バージョン5.0となり自動でインストールされるWordPressの標準テーマも Twenty Seventeen から Twenty Nineteen に変更されました。

そしてバージョン5.0で変わったもう一つの出来事がことが、編集エディタ Gutenberg の登場です。WordPressをインストールすると、その Gutenberg が標準エディタとしてインストールされます。これが評判が良くないのか否か Gutenberg の替わりに、以前のエディタを使用しているユーザーがかなりの数いるのも事実です。

当方のWordPress移行には2つのメリットがあります

その2つのメリットとは、「サイトのスリム化」と「WordPressスキルの取得」です。WordPress移行の機会にリンク切れのページや古くなったページを捨てることでスリム化が実現できます。制作代行後の個人レッスンでWordPressのスキルが取得できます。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

WPテーマの Bistro は Sydney の姉妹サイト?

WordPressテーマのSydneyに極めてよく似たテーマ「Bistro」はレストラン等のグルメ関連ページに特化したサイト作りに最適なテーマです。それもその筈、Sydneyの作者と同じ作者みたいです。

WordPressのBistro
WordPressのSydney

藤心WordPress塾は、個人レッスン付き制作代行です。

QHM/HAIKは、旧メーカー(北研)が見捨てた絶滅危惧種の古いシステムです。未来永劫存在し進化し続ける素晴らしいツールが WordPress です。WordPressの高い壁(ハードル)を下げる存在が ELEMENTOR です。その ELEMENTOR を教えることに特化した唯一無二の塾が藤心オンラインWordPress塾です。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

ElementorとWordPressの編集領域の違い

Elementorでページ編集したWordPressサイトを、お客様に納品した後、最初の個人レッスンで良く勘違いされることの一つが、「WordPressでの編集」と「Elementorでの編集」での対象領域が違うと言うことがあります。

即ち、何処から何処までがElementorの編集で、何処から何処までがWordPressの編集範囲なのかが、ごちゃごちゃになっているユーザー様がいます。

藤心WordPress塾は最強トリオで開催します。

1.WordPress

将来性、拡張性、10年先にも存在する最強のCMSツールがWordPressです。

2.Elementor

そのWordPressのハードルを下げる最強のページビュルダがElementorです。

3.リモート会議

ZoomやG-Meet等を使った最強のレッスンをリモート会議で開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大且つ最終目標となります。

データ・テーブルとは、表(テーブル)を実装する新機能です。

WordPressのテーブル(表)を実装するツールとして「TablePress」というプラグインが一般的によく知られていますが、Elementorの拡張機能「Essential Addons」の中に「データ・テーブル」というテーブル(表)を実装するツールがあります。

「TablePress」で作成するテーブル(表)とは一味違った表の存在に、このような表を利用することで、WordPressの利用範囲が広がるユーザーには嬉しい機能となることでしょう!!

個人レッスン付き制作代行でWordPressをマスター

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTORが分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「オンライン個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

【快挙】Elementorが2020年のWordPressチャレンジで2年連続優勝!

今年の4月の話です。イスラエルのテルアビブで開催されたWordPressチャンピオンシップ大会で、Elementorが見事優勝しました。2年連続の快挙となります。日頃、Elementorのヘビーユーザーである筆者としては大変嬉しいニュースです。

日本では、まだまだ普及していないElementorですが、世界に目を向けてみると、450万以上のWebサイトで、Elementorが利用されていることが報告されていて大変心強い限りです。

Elementorに似たWordPressテーマ「Divi」とは?

最近、サイトを見ていて見つけたWordPressテーマ「Divi」を紹介します。
紹介記事を見て頂ければ、分かると思いますが、Elementorに大変良く似た操作で、Elementorユーザーなら直ぐ対応可能なWordPressテーマですが、Elementorがプラグインなのに対して、「Divi」はテンプレートそのものです。しかも有料で導入には躊躇するかも知れません。

当方のWordPress移行には2つのメリットがあります

その2つのメリットとは、「サイトのスリム化」と「WordPressスキルの取得」です。WordPress移行の機会にリンク切れのページや古くなったページを捨てることでスリム化が実現できます。制作代行後の個人レッスンでWordPressのスキルが取得できます。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

藤心の個人レッスンは、当然、リモート・レッスンです。

新型コロナウィルスの蔓延で仕事の仕方も変わってきました。ウィルス発生以前から政府の肝いりで提唱されていた所謂「お仕事改革」が、ここに来て尚一層進みそうな勢いです。巷ではオンライン会議とか、テレワークとか、リモートワークとかの言葉が盛んに言われるようになってきました。

そんな中で、当方の制作代行業務も変わらざる得ない状況を迎えています。WordPress塾の中で行われている個人レッスンですが、従来の面談形式のレッスン内容からオンラインビデオ会議の「Zoom」を取り入れた所謂「リモート・レッスン」に先月から切り替えて対応しております。

ネット会議は、以前、「Skype」を使ったことがありましたが、「Zoom」は「Skype」より更に易しくなった感じで益々使われて行くだろうと思います。易しい分、セキュリティが弱いとのことで課題も見えてきた感じで、安易に使うことからセキュリティ強化の設定をした上で使用することにします。

そのリモートレッスン導入で、当方のWordPress塾の関連ページを見直した結果、以下の2ページで、個人レッスン関連を大幅改訂致しました。

個人レッスン付き制作代行でWordPressをマスター

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTORが分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「オンライン個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

カテゴリー Zoom