ELEMENTORでのアニメーション効果とは?

ここで言うアニメーション効果とは、ページ表示の際の画面切替でのアニメーション効果を言っています。画面切替の単位は、セクション、カラム、ウジェット毎で、同じようなアニメーション効果が利用できます。今回は、ウジェット単位でのアニメーション効果の事例を紹介します。

制作代行は二の次/個人レッスンがファーストです

当方の制作代行は、お客様にWordPressスキルを取得して頂くことを第一と考えています。そのために個人レッスンを開催してELEMENTORスキルをマスターして頂きます。その個人レッスンの教材として、当方が制作代行したWordPressページが使われます。だから制作代行は二の次なのです。

その個人レッスンですが、コロナウィルスの自粛要請のため、従来の面談式のレッスンができないようになっております。当WordPress塾では、Zoomを使ったオンラインWeb会議形式で実施しております。

当方の制作代行における4ツのキーワードとは?

標題の4ツのキーワードとは、以下の4ツです。
1.WordPress
2.Elementor
3.個人レッスン
4.Zoom

その4ツのキーワードの個々について紐解いて行きます。

WordPress

先ずは、当方の制作代行はWordPressに特化しています。WordPressサイトしか作りません。過去に、ホームページビルダー、QHM、HAIKと変遷して来た結果、WordPressに辿りつきました。制作代行するには、これしか無いとさえ思っております。

Elementor

Elementorとは、WordPressのプラグインの一つで、初心者に易しいページビュルダーです。筆者は過去に2度WordPressに挫折しました。3度目のチャレンジでElementorに出会いました。そしてWordPressを征服するには、Elementorしかないとの思いでElementorを導入しました。

個人レッスン

制作代行して納入したお客様のサイトを、お客さま自身のスキルでサイトを維持管理して行けるように、Elementorの操作方法をレクチャーする個人レッスンを開催します。このことはElementorの普及活動の一環でもあり、藤心WordPress塾の最終目標でもあります。

Zoom

Zoomとは、Skype同様のオンライン会議を手軽に実行できるツールです。個人レッスンにZoomを導入することは、従来の面談形式の個人レッスンに参加できなかった距離的問題を解消する画期的なシステムになります。これで日本中の何処からでもWordPress塾への参加が可能となりました。

要約すると

当方の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomを使った個人レッスンを開催することが最大・最終目標となります。

カテゴリー Zoom

同一セクション化はセクションのテンプレート化に繋がる?

Elementor操作で「同一セクションにするか否か」で後々大きく変わってくることの一つが「セクションのテンプレート登録」です。セクションを再利用する目的で作成したセクションは、テンプレートとしてシステムに登録する必要があります。その時、登録するセクションは同一セクションとして纏まっていないとテンプレート登録できないことになります。

当方のWP塾は「ELEMENTOR」導入が前提条件!

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTOR」が分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。これさえあれば「鬼に金棒」って言う感じですかね!

WPテーマの Bistro は Sydney の姉妹サイト?

WordPressテーマのSydneyに極めてよく似たテーマ「Bistro」はレストラン等のグルメ関連ページに特化したサイト作りに最適なテーマです。それもその筈、Sydneyの作者と同じ作者みたいです。

WordPressのBistro
WordPressのSydney

制作代行は二の次/個人レッスンがファーストです

当方の制作代行は、お客様にWordPressスキルを取得して頂くことを第一と考えています。そのために個人レッスンを開催してELEMENTORスキルをマスターして頂きます。その個人レッスンの教材として、当方が制作代行したWordPressページが使われます。だから制作代行は二の次なのです。

その個人レッスンですが、コロナウィルスの自粛要請のため、従来の面談式のレッスンができないようになっております。当WordPress塾では、Zoomを使ったオンラインWeb会議形式で実施しております。

ELEMENTORのカスタムページ領域とは?

ELEMENTORによるページ編集は、画面左側の要素ボックス欄から要素(ウジェット)を選択し、画面右側のカスタムページ領域に、ドラッグ&ドロップして、要素(ウジェット)をカスタムページ領域に貼り付けることが、基本的な操作になります。

ここに見出しテキストを追加

QHM/HAIKは、旧メーカー(北研)が見捨てた絶滅危惧種の古いシステムです。未来永劫存在し進化し続ける素晴らしいツールが WordPress です。WordPressの高い壁(ハードル)を下げる存在が ELEMENTOR です。その ELEMENTOR を教えることに特化した塾が、藤心WordPress塾です。

Elementorの受講はZoomでレッスンします。

2020年4月より、当方のWordPress塾などで開催される個人レッスンは、Zoomを使用したオンラインWeb会議を導入致しました。これにより、従来の「柏市までご来訪」の前提条件を撤廃致しました。勿論、従来の「面談形式の個人レッスン」は機能として残りますが、時節柄、新型コロナウィルスの件もありますし、今後の個人レッスンのあり方を模索した結果、Web会議が主流となります。

カテゴリー Zoom

今、何故、Elementor なのか?

2018年11月に、かねてより噂のあったWordPressの大幅なアップグレードが実施されました。バージョン5.0となり自動でインストールされるWordPressの標準テーマも Twenty Seventeen から Twenty Nineteen に変更されました。

そしてバージョン5.0で変わったもう一つの出来事がことが、編集エディタ Gutenberg の登場です。WordPressをインストールすると、その Gutenberg が標準エディタとしてインストールされます。これが評判が良くないのか否か Gutenberg の替わりに、以前のエディタを使用しているユーザーがかなりの数いるのも事実です。

ELEMENTORの基本操作は「ドラッグ&ドロップ」

過日の投稿での「基本中のキホン:セクション/カラム/ウジェット」が、ELEMENTORの3要素だとすると、マウス操作「ドラッグ&ドロップ」も、ELEMENTORの代表的な基本操作と言えます。

具体的には、ELEMENTOR操作画面の左側の要素ボックス欄から、右側のカスタム領域欄への「ドラッグ&ドロップ」で、ウジェット要素を移動(コピペ)するのが基本操作となります。

従って、マウスは必須アイテムになります。タブレット等での画面操作で、その「ドラッグ&ドロップ」ができなければ、ELEMENTORの画面操作は難しい操作になります。

そして「ドラッグ&ドロップ」のドロップ先になる「カスタム領域」の特性を知らなければ、十分なELEMENTOR操作が実行できないことになります。

藤心WordPress塾は、正に Elementor 教室!

「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。