Elementorを使わずWordPressのテキストエディタを使う時がある?

Elementorのウジェット(部品)にHTMLタグ挿入というウジェットがあります。
そのHTMLタグにオンラインショップの「買い物かご」を貼り付けた例で、不具合が発生しました。即ち、Elementorで実装できない機能を、どのように回避したのかの事例報告で。

当方が提供できる3ツのサービスとは?

WordPressに特化

WordPressに特化した制作行を志向します。従って、WordPress以外の制作代行は、お受けできかねます。

Elementorを導入

そのページ編集には、全ページElementorを導入し、WordPressのハードルを下げる効果が期待できます。

個人レッスンの開催

個人レッスンはZOOMやGoogle Meet等を使ったオンライン・リモート会議形式のレッスンを開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大・最終目標となります。

Elementorで変形マウスオーバーボタンを作成

Elementorのボタン・ウジェットより、以下のようなマウスオーバー・ボタンを作成する手順を公開します。左側のボタンがElementorの初期リンクボタンです。
その面白味のないボタンを右側のマウスオーバー・ボタンに変形してみました。
下記の右ボタンの上にマウスを持っていってみて下さい。

ELEMENTORのことなら自信をもって伝授できます

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTORが分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「オンライン個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

アイコンボックスとは、ELEMENTORでのキャッチコピーそのもの!

アイコンボックスとは、Elementorのウジェットの中の「アイコン」と「見出し」と「テキスト・エディタ」を1セットにしたウジェットのことを意味します。
下記の点線で囲われたアイコンボックス3つが、WordPressでよく使われる3PRと呼ばれるキャッチコピーの例です。

シンプル&高汎用

ライトニングはシンプルで カスタマイズしやすいWordPressテーマです。 抜群の拡張性でビジネスサイトにもブログにもオールラウンドに対応します。

豊富で強力な機能

同時開発されたプラグイン「VK All in One Expansion Unit (無料)」を使用する事により、様々な機能や豊富なウィジェットを利用する事ができます。

驚くほど簡単

Lightning にはビジネスサイトを簡単に作るための様々な工夫がしてあります。Lightning の使い易さを是非体験してください。

当方が提供できる3ツのサービスとは?

WordPressに特化

WordPressに特化した制作行を志向します。従って、WordPress以外の制作代行は、お受けできかねます。

Elementorを導入

そのページ編集には、全ページElementorを導入し、WordPressのハードルを下げる効果が期待できます。

個人レッスンの開催

個人レッスンはZOOMやGoogle Meet等を使ったオンライン・リモート会議形式のレッスンを開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大・最終目標となります。

ELEMENTORでのアニメーション効果とは?

ここで言うアニメーション効果とは、ページ表示の際の画面切替でのアニメーション効果を言っています。画面切替の単位は、セクション、カラム、ウジェット毎で、同じようなアニメーション効果が利用できます。今回は、ウジェット単位でのアニメーション効果の事例を紹介します。

当方のWordPress移行には2つのメリットがあります

その2つのメリットとは、「サイトのスリム化」と「WordPressスキルの取得」です。WordPress移行の機会にリンク切れのページや古くなったページを捨てることでスリム化が実現できます。制作代行後の個人レッスンでWordPressのスキルが取得できます。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

同一セクション化はセクションのテンプレート化に繋がる?

Elementor操作で「同一セクションにするか否か」で後々大きく変わってくることの一つが「セクションのテンプレート登録」です。

セクションを再利用する目的で作成したセクションは、テンプレートとしてシステムに登録する必要があります。その時、登録するセクションは同一セクションとして纏まっていないとテンプレート登録できないことになります。

藤心WordPress塾は「ELEMENTOR」導入が前提条件です。

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTORが分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「オンライン個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

デザイン性の豊なテーマは、Non-Elementorが必然?

BizLight

Zerif Lite

上記の二つに共通した特徴は、何れのサイトもElementorを使っていないことです。筆者は、常日頃、WordPressを使ったホームページ作成には、Elementor必須で臨んでいますが、この2つのサイトには、Elementorは一切使っていません。何故なのか?

上記の2サイトはテンプレートとして豊かなデザイン性を持っていて、Elementorでページ編集する余地が無い。即ち、ページ編集での自由度が無いと言っても過言でないほどの完成度を持ったテンプレートなのです。

言い換えれば、テンプレートをインストールした段階でのカスタマイズは、画像の入れ替えやテキスト文言の入れ替えのみで、ほぼサイトが完成してしまうのです。数多くのWordPressサイトを作成していると、こう言うことも発生します。

無理にElementorを使用すると全体のデザインを崩してしまう可能性を秘めています。元々デザイン性豊かなテンプレートなのだから、それを活かしたHP作りに徹すれば良いと思います。そのようなわけで、今回は、ElementorをインストールしないHP作りの事例を紹介しました。

どのようなホームページをお望みですか?

ヒアリング・シート

WordPressでホームページを作ってみたいと
希望されるユーザー様のご要望をお聞きします。
お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

Elementorの受講はZoomでレッスンします。

2020年4月より、当方のWordPress塾などで開催される個人レッスンは、Zoomを使用したオンラインWeb会議を導入致しました。これにより、従来の「柏市までご来訪」の前提条件を撤廃致しました。勿論、従来の「面談形式の個人レッスン」は機能として残りますが、時節柄、新型コロナウィルスの件もありますし、今後の個人レッスンのあり方を模索した結果、Web会議が主流となります。

個人レッスン付き制作代行でWordPressをマスター

WordPressのスキルを取得するのなら「ELEMENTOR」の存在は外せません。ELEMENTORが分かればWordPressのハードルを下げることが可能です。「もっと手軽に、もっと易しく」を前提に、プラグイン「ELEMENTOR」によるページ編集に特化した「オンライン個人レッスン付きWordPress塾」がお薦めする講座となります。

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

カテゴリー Zoom

ELEMENTORのカスタムページ領域とは?

ELEMENTORによるページ編集は、画面左側の要素ボックス欄から要素(ウジェット)を選択し、画面右側のカスタムページ領域に、ドラッグ&ドロップして、要素(ウジェット)をカスタムページ領域に貼り付けることが、基本的な操作になります。

どのようなホームページをお望みですか?

ヒアリング・シート

WordPressでホームページを作ってみたいと
希望されるユーザー様のご要望をお聞きします。
お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

Elementorの「ページ設定」機能とは?

Elementorの要素ボックス欄(左側)の最下段の左端にある歯車のアイコンにオンマウスすると「設定」と表示されます。その「設定」とは何か? 本日は、普段、気が付かないで通り過ごしていた「ページ設定」の話です。

Elementorには、セクション、カラム(段組み)、ウジェットの3ツの要素(Element)があり、各要素の機能を知らなければElementorを使いこなせないと、筆者は、ことある毎に言い続けていましたが、実は、4番目の要素(Element)があるのです。

それが「ページ設定」と言う要素で、セクション(領域)を設定する以前の機能があります。筆者も普段は殆ど使ったことはありませんし、その存在すら最近になって知ったくらいの新しい機能と言っても良いかも知れません。

その「ページ設定」ボタンを押すと、先ずは左側画面のような「ページ設定」という見出しがついた画面が表示され、その中の「設定」タブ~一般設定でアイキャッチ画像等を設定します。

 

 

次に「スタイル」タブ~本文のスタイルで、ページの背景に画像等を設定したりします(右側画面)

いくら言葉で説明しても中々イメージは掴みにくいかと思います。
「ページ設定」でページ編集したページを、実際に、ご覧頂いた方がお分かり頂けるかと思い、ページの背景に2色のグラデーションを配置した例と、画像を配置した2例を紹介します。

背景に2色のグラデーション
背景に画像を配置

藤心WordPress塾は最強トリオで開催します。

1.WordPress

将来性、拡張性、10年先にも存在する最強のCMSツールがWordPressです。

2.Elementor

そのWordPressのハードルを下げる最強のページビュルダがElementorです。

3.リモート会議

ZoomやG-Meet等を使った最強のレッスンをリモート会議で開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大且つ最終目標となります。

WordPressメンテナンス代行サポートとは?

当方の制作代行で作成したHPを納品した後のお客様のサイトを見ると、コンテンツの更新はそれなりに行われているのにWordPress関連の更新がなおざりになっていて、セキュリティー上、大丈夫かと懸念されるケースが多々見受けられます。

WordPress関連の更新とは、プラグインの更新だったり、WPテーマの更新だったり、WordPress本体の更新だったり、その他多数のやるべき更新作業を疎かにしているお客様が数多く見受けられます。

そのようなWordPressユーザー様を対象に、永年の夢だった「とかく煩わしい」以降のWordPress維持更新作業を一括に請け負う題して「WordPressメンテナンス代行サポート」のサービスを開始することになりました。

カラフルで自社のLPサイトを作成してみました。

「カラフル(Colorful)」とは、
WordPressの有料テンプレートです。そのテンプレートを一つ購入するだけで、自社のLP(ランデングページ)いくつでも簡単に作成できる優れものツールです。

WordPressのテンプレートだから、WordPressをインストールしたら、ついでにテーマをインストールする感覚で「カラフル(Colorful)」を手軽に自社のLPページとして利用できるようになります。